2014年3月

Studio KPPにお邪魔してきました。

kppstudio
今月からプレオープンしたStudio KPPさんに、M3にてSterblich Magie名義で出す音源のボーカル収録でおじゃましてきました。
今回のボーカルはいつも通りaratoさん。
集合住宅のマンションを改造してスタジオにしたそうで、宅録としては十分のクオリティで収録できる環境でした。

kppstudio3
クローゼットを改造して作られた収録ブース。
中には防音シートと吸音材がびっしりと貼られていて、入ってみるとすごく音響がデッドになって収録には良い環境でした。
kppstudio4
クローゼットの中はこんな感じでマイクとモニター環境が。
外から音声がモニターできるようになっていて指示をするのもスムーズです。

今回1曲だけの収録ですが曲の構成上トラックやテイク数がすごく多く、収録に時間がかかるかなと思っていたのですが、ディレクションをしてくれた七誌さんのお陰で滞り無くスムーズに収録ができてとても良いレコーディングができました。

kppstudio2
そして鎮座するKemperさん。
Kemperを使用したリアンプやレコーディングも対応しているので、ギター収録にも良い感じです。
駅から若干遠いため、バスを経由してのアクセスになりますが、それを補うコストパフォーマンスがあると思いました。
4月から今までボーカル録りで収録していた場所が使えなくなったこともあり、4月から本格的にオープンということなので今後も利用させていただきたいなと思います。

Studio KPP
http://nanashi0089.com/studio_kpp/